本日は、先月に派遣業の新規許可申請を行ったお客様の実地調査でした。

派遣業の許可申請を行ない受理された場合は、その翌月に必ず愛知労働局による実地調査が行われます。

私どもに許可申請のご依頼を頂いた場合は、この実地調査にも立ち合わせていただき、事前に、見られるポイントやヒヤリングされる事項について打ち合わせさせて頂いております。

もし、新たに事務所を準備して申請した場合は、この実地調査までに完全に業務が行える状態にしておかなければなりません。電話、複合機、パソコンや鍵付きのキャビネット、シュレッダー、研修を事務所で行うのであれば、ホワイトボードなど準備しておく必要があります。

派遣業は特に、派遣労働者の方の個人情報を多く取り扱うため。個人情報保護が徹底されているかを重点的に見られますので、そのあたりはしっかり対応しておく必要があります。

また、派遣元責任者にもヒヤリングが行われます。ここでも個人情報保護についてや求人の方法、営業の方法、派遣労働者に関する事項、帳簿等に間する事項などがヒヤリングされます。

本日の実地調査も事前に私どもの指示通りに準備をしていただけていたので、全く問題なく終了いたしました。

これで、間違いなく、3月1日に許可が下りると思います。ちなみに、許可証の交付式は、前日の2月末日に行われます。