手取り20万円の額面・年収はいくら?20代の平均年収・貯蓄額

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

20代前半で就職や転職をする場合、最低でも手取りで20万円くらいはほしいと考える方が多いのではないでしょうか?
そこで、手取り20万円の場合の額面額、年収額がいくらになるかの解説と共に20代の平均年収、年収300万円前後の平均貯蓄額や貯蓄割合等もご紹介したいと思います。

  

手取り20万円の場合の額面額と年収額

まず、月額で手取り20万円を貰うためには、額面ではいくら必要かを計算してみます。
一応の前提条件として、20代で独身、扶養家族無し、東京都在住、昨年の年収は240万円で計算してみます。
そうすると、額面は24万6279円となりました。ですから、だいたい額面で25万円あれば、手取り20万円が達成できそうです。
内訳は以下のようになります。

総支給額246,279
健康保険11,880
厚生年金21,960
雇用保険739
所得税5,200
住民税6,500
手取り額200,000

手取り額20万円の場合、額面額は約25万円になりますので、単純にこれを12倍すると300万円となり、ボーナスがない会社ではこれが年収になります。
ボーナスは会社によって支給額が大きく異なりますが、大体、夏冬合わせて2ヶ月分が出るとすると、ボーナスが出る会社では年収が350万円になります。

平均給与から見た手取り額20万円(年収300万円)の実態

では、国税庁が毎年出している「民間給与実態統計調査」の結果から、20代で年収300万円はどういった位置づけになるかを見てみましょう。
下記の表は20歳から29歳の平均年収を男女別にしたものです。

男性平均女性平均男女合計平均
20歳から24歳の平均279万円243万円262万円
25歳から29歳の平均393万円318万円361万円

上記から言うと、年収300万円だった場合、年齢が24歳以下であれば男女とも多いほうだと言えます。逆に25歳から29歳だった場合は、平均よりは少ないということになります。仮にボーナスが2ヶ月分でて350万円だったとすると、女性の場合は、平均よりも多くなり、男性の場合は平均よりもすこし少ないということになります。ただ、この平均は大企業の分も含んでいますし、年齢も幅があるので、25歳と29歳では差が生じて当然ということになるので、あくまで目安程度に考えてください。
ただ、上記よりも、かなり低い金額の場合は、転職を考えても良いかもしれません。

年収300万円前後の場合の平均貯蓄額

貯蓄なし(%)平均貯蓄額中央値
収入300万円未満44.5%473万円10万円
収入300~500万円27.4%738万円124万円

上記は金融広報中央委員会が行った 「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](平成30年)」 の結果です。年収300万円前後の単身者の貯蓄平均となります。
貯蓄平均は収入が300万円で473万円、収入が300万円から500万円で738万円となっています。これを見て、「そんなに無いよ」と思われた方が大半ではないでしょうか。平均値は実はあまり意味をもちません、ほんの一部の人が数千万円とかそれ以上の貯蓄を持っていて、その人たちが平均値を大幅に引き上げてしまっているためです。
一方、中央値はデータのちょうど中央にある数値になりますので、こちらのほうが現実的です。中央値を見ると、収入が300万円未満の方で10万円、300~500万円の方で124万円なので、「これくらいならある」と思われた方が多いのではないでしょうか。
もう一つ注目すべきは、貯蓄がない方の割合です。収入300万円未満であれば、実に44.5%が貯蓄がないので約半数の方が預貯金がない状態と言えます。よって300万円未満だとなかなか貯蓄ができないということが言えます。

次に手取給与のうちどれくらいの割合を貯蓄に回しているかのデータを見てみたいと思います。

収入300万円
未満
収入300万円
~500万円未満
5%未満6.6%5.1%
5~10%未満10.3%10.4%
10~15%未満13.7%18.5%
15~20%未満2.8%5.7%
20~25%未満5.6%11.7%
25~30%未満1.5%3.6%
30~35%未満 4.5%9.6%
35%以上5.3%11.0%
貯蓄しなかった49.7%24.4%
平均8%15%

収入300万円未満では49.7%が貯蓄しなかったので、先ほどの貯蓄なしの方の割合とほぼ同じになります。平均は8%なので、手取り20万円の場合は、1万6000円を貯蓄に回していることになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ご自身と比べて、いろいろと感じたことがあるかもしれません。
今は、本当に人手不足で、転職市場も活況です。今の仕事にやりがいを感じているのであれば、給与が多少低くても続ける意味があると思いますが、やりがいもなく、給与も平均よりも低いということであれば、これを機に転職を考えるとも一つではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*