離職票を紛失したときの再発行の手続きと2つの重要ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

離職票は、雇用保険の失業給付を受けるためには、欠かせない書類になります。離職票は、退職した再に、会社から受け取るものですが、受け取ったはいいものの、この離職票を紛失してしまったという方、あるいは、会社は郵送で退職者宛に離職票を発送したが、届かないというケースもごく稀にあります。

そこで、今回は、離職票を紛失した際(または行方不明になった際)の再発行手続き及び離職票がどういうものかも含めて解説していきたいと思います。

 

 

そもそも離職票とは?

 

離職票は、正確には、「雇用保険被保険者離職票」と言い、失業給付を受給するためには、必ず必要になります。退職した会社から貰うことになります。
会社は、退職日の翌日以降にこの離職票の発行手続きを行うことになりますので、退職日当日に離職票をほしいと思っても制度上、退職日に受け取ることはできません。また、「離職票がほしい」と会社に伝えていないと、発行手続きを行わない会社が多いです。そのため、離職票の発行を受けたい場合は、事前に会社に伝えておきましょう。

通常、3日から1週間程度で離職票が送られてくるとは思いますが、発行希望を伝えているにもかかわらず、退職から2週間以上経っても送られてこない場合は、再度、会社に問い合わせたほうが良いでしょう。

離職票は「1」と「2」に分かれている

離職票には「1」と「2」の2枚で構成されています。「1」は少し厚めの用紙(ただし、会社が電子申請で手続きした場合は、通常のA4のコピー用紙に白黒)。「2」は白地に緑の枠で構成された少し薄めの用紙です(ただし、会社が電子申請で手続きした場合は、通常のA4のコピー用紙に白黒)。「1」の用紙には、退職された方の基本的な情報が記載されたものになります。また、失業給付の振込先を指定できるようになっています。「2」の用紙には、主に、退職前6ヶ月間の月別の給与額と、過去1年分の賃金支払基礎日数(給与計算のベースになる日数)等、及び退職理由が記載されています。
重要なのはこの「2」のほうです。受け取ったらまず、給与額が間違っていないかを確認してください。

ここに書かれている給与額は、手取り額ではありません。総支給額になります。そのため、交通費も含んだ金額になります。

そして、重要なのは退職理由の欄です。解雇など会社都合での退職だったはずなのに「自己都合退職」と書かれている場合が少なくありません。もし、違っていたら会社に問い合わせてみましょう。給与額や退職理由は、失業手当の金額や給付日数に大きく影響していきますので、必ず確認するようにしてください。


(離職票1のサンプル)

(離職票2のサンプル)

離職票を紛失したときどうするか?

離職票を紛失してしまった場合、とるべき方法は、以下のどちらかですが、離職票がどのように発行されたかによって、お勧めする方法が異なります。

①退職した会社に連絡して、再発行を依頼する。

②ハローワークに出向いて再発行を依頼する。

会社が電子申請で発行している場合は前職の会社へ

先ほども説明したように、離職票の発行手続きは、前職の会社が行います。その会社がもし離職票の発行手続きを「電子申請」で行っている場合は、再発行の依頼を「前職の会社」に行ってください。なぜかというと、電子申請の場合は、会社は離職票をデータ形式で持っています。具体的には、退職した社員に渡す離職票をPDFデータの形で所有しています。そのため、会社は、そのPDFを印刷するだけで再発行が可能になります。そのため、すぐに再発行が可能になります。

電子申請以外はハローワークへ

前職の会社が離職票の発行を電子申請ではなく、通常の窓口申請で行っている場合は、前職の会社に請求しても良いのですが、時間がかかる場合が少なくありません。その場合は、ハローワークに申請を行います。ハローワークは、前職の会社の住所を管轄するハローワークか、ご自身の住所を管轄するハローワークで手続きすることが可能です。

できれば、前職の会社の住所を管轄するハローワークで手続きするのが良いと思います。なぜなら、あなたの離職票のデータを管理しているのが、前職の会社の住所を管轄しているハローワークだからです。そのため、再発行手続きがスムーズに行き、時間の短縮になります。

もちろん、退職後に引っ越したなどで、会社を管轄するハローワークが遠方になる場合は、ご自身の住所を管轄するハローワークでかまいません。

 

ハローワークで離職票再発行する際に必要な書類

 ハローワークで離職票の再発行を申請する場合は、以下の書類と添付書類が必要になります。申請書は、ハローワークにおいてありますが、事前にダウンロードすることも可能です。

○雇用保険被保険者離職票再交付申請書

(雇用保険被保険者離職票再交付申請書のサンプル。クリックで拡大できます)

○写真付の身分証明書(運転免許書やパスポート、マイナンバーカードなど)

 まとめ

離職票は、失業給付を受給するためには、必ず必要となる重要な書類です。もし、失くしてしまった場合又は、前職の会社は郵送したのに手元に届かなかった場合でも、すみやかに再発行の手続きをとりましょう。と言うのも、再発行までに意外と時間がかかる場合もあります。そうなると、失業給付を受給するのがどんどん遅れてしまいますし、もし、給付日数が多い方であれば、期間内にすべての日数を受給できない可能性もでてきます。

そのため、早めの行動をとるのが良いと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*