給与計算ミスで過払いが発生した場合どうなるか?

当方でも給与計算業務を行っていますが、20年近い経験の中で、一度もミスが無かったかというとそうはいきません。
一般の会社で自社で給与計算を行っている場合でも、絶対にミスが起きないということはないため、どうしても過払いが起きたり、逆に少なく支払ったりということが発生します。
では、実際に過払いが起きた場合、単純に翌月の給与から過払い分を控除してしまっても良いのでしょうか?
今回はこのあたりを解説したいと思います。

続きを読む

パートから正社員になった場合、有給休暇の日数はどうなるか?

今回も顧問先からのご相談内容をご紹介します。
ご相談内容は次のようなものです。
「今度、パートから正社員になる従業員がいます。パートで約2年ほど勤務していました。正社員になった場合、有給休暇はまた一からカウントするのでしょうか?また、日数はどうなるのでしょうか?」
というものでした。
一般の方には意外と難しい内容かもしれません。事例をあげつつご説明したいと思います。

続きを読む

セブンの未払い残業代はなぜ起きたか?

さて、2019年12月、セブンイレブンがアルバイトに残業代の一部を支払っていないことが発覚し、ニュースになりました。
今回の未払い残業問題は、残業をしたのに残業代を支払っていないというよくあるパターンではなく、残業代の計算方法が間違っていたというものです。
残業代の計算は確かに間違えやすいのですが、大企業でもそんな計算間違いを起こすことに正直、驚きました。今回は、セブンイレブンがどのように間違いを起こしたかを解説したいと思います。

続きを読む

日本は本当に人材不足なのか?

現在、日本は超人手不足と言われ、人手不足倒産も増えてきているようです。実際、私共の顧問先様からも「募集をかけても、全く人が集まらない」というお話をよく聞きます。
では、本当に、人手不足なのでしょうか、今回は、厚生労働省が発表している有効求人倍率の資料から読み取っていきたいと思います。

続きを読む

他社の社長を従業員として雇用した場合、雇用保険はどうなる?

今回も顧問先からのご相談内容をご紹介したいと思います。
雇用保険のご相談でしたが、最初は、何も気にせずお答えしたのですが、よく考えたら、一つの疑問が出てきたので、念のため、ハローワークにも確認を取ることになりました。専門家でも回答に迷うご相談内容でしたのでご紹介したいと思います。

続きを読む

定年後同じ会社に再雇用された場合、社会保険はどうなる?

現在は、65歳までの継続雇用が会社に義務として課せられていますので、65歳まで勤めることが出来ますが、多くの会社では60歳で定年退職とし、1日も空けずに労働条件を変更して再雇用しています。1日も空いていませんが、一旦は、退職扱いになっているので、社会保険も一旦、定年退職日で喪失手続きを取るのでしょうか?
今回は、このあたりのことを解説したいと思います。

続きを読む

休職期間満了で復帰不可の場合、自然退職とするのは適法か?

多くの会社では、従業員の方が、病気やケガなどをし、仕事が出来なくなった場合、休職制度により、その従業員の方を休職扱いにしていると思います。
ただ、休職をいつまでも認めるのは会社としても新しい人を雇うこともできないため、期限を設けているのが普通です。
ではその期限が到来したとき(期間が満了したとき)に、その従業員はどのような扱いになるのでしょうか?
「当然、クビでしょう」と考える方も多いと思います。クビとはつまり「解雇」となるわですが、実はそうならない場合もあります。
今回はこのあたりを解説したいと思ます。

続きを読む

夜勤から日勤への連続勤務は違法か?

今回は、顧問先から頂いたご質問です。
「当社では日勤と夜勤がありまずが、夜勤を終えた後にすぐに日勤となるようなシフトを組んでも労働基準法に違反しないのでしょうか?」
というものです。
この場合、労働者の方は徹夜で働き、日勤の日の夕方まで帰れないことになります。一見、違法性があるように感じますがどうなのでしょうか?
解説していきたいと思います。

続きを読む

失業保険 自己都合退職でも給付制限が付かない場合とは?

一般的に、自己都合で会社を辞めた場合、失業保険がもらえるまでには3ヶ月間の給付制限期間があるのはご存じだと思います。
しかし、自己都合退職であっても、会社が倒産したり解雇された場合と同じように給付制限がなく、7日の待期期間完了後にすぐにもらえるケースがあります。
今回はこのあたりを解説したいと思います。
※ここで言う失業保険は、失業給付の基本手当を指します。

続きを読む