嘱託社員と契約社員の違いは?

「嘱託社員」又は「嘱託職員」と呼ばれる労働者の方が最近増えてきています。「嘱託社員」や「嘱託職員」と呼ばれる方は、いったいどういった方を指すのでしょうか?この言葉自体は良く聞くけれど、どういった労働者のことを言うのか正確に答えられる方は少ないのではないでしょうか?

そこで、今回は、「嘱託社員」「嘱託職員」について、どういう方を指すのか、給与など待遇面はどうなのかなど解説していきたいと思います。会社の人事労務のご担当者だけでなく、現在、「嘱託」として働いてくれないかと言われている方にもお役に立てれば幸いです。

 

続きを読む

離職票を紛失したときの再発行の手続きと2つの重要ポイント

離職票は、雇用保険の失業給付を受けるためには、欠かせない書類になります。離職票は、退職した再に、会社から受け取るものですが、受け取ったはいいものの、この離職票を紛失してしまったという方、あるいは、会社は郵送で退職者宛に離職票を発送したが、届かないというケースもごく稀にあります。

そこで、今回は、離職票を紛失した際(または行方不明になった際)の再発行手続き及び離職票がどういうものかも含めて解説していきたいと思います。

 

 

続きを読む

損してるかも?失業保険(失業手当)の仕組みをやさしく解説

「失業保険」や「失業給付」という言葉はよく聞くと思います。退職後に国から貰えるお金くらいに考えている方も多いのではないでしょうか?

ただ、この失業保険、意外に制度自体が複雑で会社を辞める前にしっかり内容を把握しておかないと、いざ退職後に受け取ろうとすると、すぐには受け取れない、あるいは、もらえる金額が減ってしまったり、、制度を良く知らなかったためにトラブルにつながったりすることもあります。

そこで今回は、失業保険を受け取るための最低条件や実際の手続方法、トラブルにならないためのポイントなどについて、現役の社会保険労務士が解説します。

 

 

続きを読む

退職後の健康保険で一番得する方法は?

いざ退職することが決まったとき、考えなければならないこととして、「健康保険」をどうするかがあります。次の転職先がすでに決まっている場合は、考える必要はありませんが、少しでも無職の期間が発生するのであれば、退職後の健康保険をどうするか慎重に選択しなければ、「損」することにもなりかねません、

今回は、退職後の健康保険で損しないために、どのような選択肢があるか、解説していきたいと思います。

 

 

続きを読む

扶養の範囲「103万、106万、130万の壁」のおさらい

今回は、扶養の範囲内の収入に関するご質問です。

「現在、パートに出ていますが、よくパートの収入に関して「103万円壁」とか「130万円の壁」とか聞きますが、いまいち良く分かりません。詳しく教えてもらえますか?」というのものでした。

主婦をされている方で、パートに出ている方も多いと思います。その際に、必ずと言っていいほど話題になるのはこの103万円と130万円の壁です。パートでの収入が103万円を超えるとどうなるか、130万円を超えるとどうなるか、そして、最近になってできた「106万円の壁」についても解説していきたいと思います。

 

 

続きを読む

雇用保険・健康・介護保険・厚生年金の加入上限年齢まとめ

今回は、雇用保険、健康保険、介護保険、厚生年金保険は、何歳まで加入しなければならないか、その上限年齢についてまとめていきたいと思います。

というのも、最近、この加入の上限年齢についてのご質問がとても増えてきています。その背景として、人手不足のため、比較的若い方の採用が難しくなってきており、大企業でも中小企業でも最近は、いわゆる高齢者の採用を積極的におこなうようになったためだと思われます。

60歳代や70歳代の方を採用する際に、各社会保険に加入させるのかどうなのか、間違わないために、今一度、各保険の加入上限年齢をまとめていきます。

 

 

続きを読む

遅刻と残業の相殺は可能か?2つの重要ポイント

今回は、どの会社でも、起こりうる遅刻と残業について取り上げたいと思います。

残業や残業、割増賃金に関することは、私どもへのご質問・ご相談が多い事項の一つです。

その中でも、例えば、「1時間遅刻した者に、1時間の残業を行わせた場合でも、割増賃金の支払は必要でしょうか?」というご質問を頻繁にうけます。

素朴な疑問ですが、意外と勘違いをされている方も少なくありません。

そこで、あらためてこの遅刻と残業の関係について解説していきたいと思います。

 

続きを読む

期間雇用者が仕事中に事故!解雇制限は適用されるか?

今回は、労災事故と解雇制限に関するご質問がありましたので解説したいと思います。

ご質問の内容は以下のとおり、

「当社では、繁忙期の1ヶ月だけ短期のアルバイトを大量に採用します。今回、そのアルバイトが機材の運搬中に転倒し大怪我をしました。全治2ヶ月ほどということです。この場合、休業中とその後30日間が経過しないと解雇できないのでしょうか?」

というものでした。

アルバイトでも労災は適用されるのか?適用されたとすると、療養のために休業する期間及びその後30日間は、解雇制限により解雇ができないのか?について解説していきたいと思います。

 

続きを読む

試用期間満了での解雇に予告手当は必要か?

前回は、試用期間の延長に関して解説しましたが、今回も試用期間について別の角度から解説したいと思います。

今回は、

・例えば試用期間を3ヶ月に設定している会社で、試用期間中の勤務成績等があまり良くなかったため試用期間満了で解雇する場合、解雇予告の実施又は解雇予告手当の支払は必要になるか?

・上記の場合で解雇予告又は解雇予告手当の支払が必要だとして、もしそれらを行わないで解雇した場合、解雇自体無効になるのか?

について解説していきたいと思います。試用期間の運用に関しては、勘違いされている方も多いので参考になればと思います。

続きを読む

試用期間の延長は可能か?トラブル防止の2つのポイント

今回は、試用期間に関するご相談がありましたので、ご紹介及び解説していきたいと思います。

ご相談の内容は、

「弊社では、新入社員の試用期間を3ヶ月に設定し、従業員にも伝えています。今回、新たに採用した社員が現在、試用期間中なのですが、遅刻や早退、欠勤が多く、また、他の社員ともあまりうまくいっていません。試用期間の3ヶ月では、本採用の判断が難しいと考えています。そこで、試用期間をさらに3ヶ月程度延長することは、法的に可能でしょうか?可能な場合、気をつける点などありますでしょうか?」

というものでした。

試用期間の運用に関しては、実は、実務上、意外とトラブルに発展するケースは多いです。試用期間を個別に延長することはできるのか?また、延長する際に気をつけること等について解説したいと思います。

続きを読む