昼休みの電話当番は労働時間になるのか?知っておくべき2つのポイント

今回は、労働者の方から以下のようなご相談がありましたのでご紹介したいと思います。

ご相談の内容は、
「私の会社では、基本的にお昼休憩は、自由なので外に食事に出たり、近所の公園でお弁当を食べたりしていますが、週に1回、持ち回りでお昼休憩に来客と電話対応のため、会社のデスクに残らなければならない日があります。その日は、お弁当を持参したり、コンビにでおにぎり等を買ってデスクで食べることになります。実際には来客はほとんど無く、電話も1回あるかないかといのがほとんどです。上司からは「悪いけど持ち回りで残ってくれないか?」と頼まれて、部署のみんなで相談して今の形になったそうですが、私は、後から入社したのですが、あまり納得していません。お昼休憩に電話番をするのは、労働時間にならないのでしょうか?」
というものでした。

お昼の休憩時間に、電話番のために誰かが残るようにしている会社は、特に中小企業では多いと思います。そこで、法律上、この電話番が労働時間に該当するのか、該当するとして、どのような対応をする必要があるのかなどを解説していきたいと思います。

 

 

続きを読む

半年又は7ヶ月間の有期雇用契約社員にも有給休暇は発生するか?

有給休暇に関して、少し変わったご相談がありましたのでご紹介したいと思います。

ご相談の内容は、
「当社では、6ヶ月(半年)の契約社員と季節的な業務に従事する7ヶ月間の契約社員がいます。いずれも、基本的に契約更新はありません。有給休暇は6ヶ月間勤務後に発生するのですが、そもそも6ヶ月間しか契約期間がない社員に有給休暇は発生するでしょうか?また、7ヶ月間の契約期間の社員の場合は有給休暇は発生するとしても、発生してから契約終了まで残り1ヶ月間しかないのに10日の有給休暇を与えないといけないのでしょうか?」
というものでした。
こういったご相談は、初めてでしたが、確かに疑問に思うのも当然のことだと思います。
そこで、今回は、有給休暇の発生するための要件等について解説していきたいと思います。
(パートタイマーやアルバイトの有給休暇については以下の記事も是非、ご覧ください。
パート・アルバイトの有給休暇の疑問を徹底解説!知っておきたい3つの重要ポイント」)

 

 

続きを読む

退職勧奨と失業給付の関係、押さえておくべき2つのポイント

「退職勧奨」と失業給付について、ご相談がありましたので、ここでも解説したいと思います。
そもそも「退職勧奨」とは、どういうことを言うのでしょうか?「解雇」とは違うのでしょうか?
なんとなくは分かっているけど、細かな点などは分からいう方も多いのではないでしょうか?労働者の側からみても、会社から「辞めてくれないか?」といわれたけど、これが「解雇」に該当するのか「退職勧奨」に該当するのか、よく分からないという方も多いようです。
「解雇」と「退職勧奨」は、もちろん明確な違いがあるので、そのあたりを解説するとともに、例えば、雇用保険の失業給付(失業保険)を受ける際に、解雇と退職勧奨で違いがあるのか?などの疑問についてもお答えしていきたいと思います。

 

続きを読む

高額療養費制度で損しないための4つのポイント

入院や手術をして、病院に支払う金額が高額になったときに、健康保険からお金が返ってくる制度があることは、なんとなくご存知の方も多いと思います。
これを「高額療養費制度」といいますが、なんとなくは知っていても、実際に自分はいくら返ってくるのか、収入によって差があるのか、申請はどのようにしたら良いのか、被扶養者でも対象になるのか、健康保険の種類によって金額に差があるのかなど、細かい点になるとご存じない方も多いと思います。
そこで、今回は、意外と複雑な「高額療養費制度」について社会保険労務士が分かりやすく解説していきたいと思います。

 

続きを読む

出産育児一時金で損しないための2つのポイント

子供が生まれたときに、「出産手当一時金」いうお金がもらえることをご存知の方も多いと思います。ただ、この出産育児一時金について、細かいところまでご存知の方は少ないと思います。例えば、会社に勤めているときに妊娠したが、会社を辞めた後に出産した場合はどうなるのか?双子や三つ子の場合はどうなるのか?流産した場合はどうなるのか?1年以上前に出産し申請していなかったが、今からでも申請可能か?など細かい点にまで解説していきたいと思います。

 

 

続きを読む

登録ヘルパーにも有給休暇は発生するか?2つの重要ポイント

以前に書いた「パート・アルバイトの有給休暇の疑問を徹底解説!知っておきたい3つの重要ポイント」という記事で、パートやある衣バイトなど労働時間の短い方の有給休暇について解説しました。

今回は、これらの方と似てはいるのですが、少し特殊な働き方をしている「登録(介護)ヘルパー」さんの有給休暇について解説してみたいと思います。

現在、登録ヘルパーとして働いている方はもちろん、登録ヘルパーさんを使って事業を行っている介護事業所の経営者の方、労務担当者の方に是非、読んで頂きたいと思います。これを呼んでいただければ、登録ヘルパーさんの有給休暇をどのように扱っていただければ良いか分かると思います。

 

続きを読む

健康保険証を紛失した!再発行手続の場所と期間と料金を徹底解説!

いざ病院に行こうとして健康保険証を探したら、いつものところにない!。散々探しても無い!家の中で紛失したのか、どこかに置き忘れたのか、はたまた落としたのか、見当もつかない・・・・

こんな経験をされた方もみえるのではないでしょうか?

そんなとき、慌てずに健康保険証の再発行手続を行いましょう。
健康保険証の再発行手続は、どこで行うのか、そして再発行までにどれくらいの時間がかかるのか、手数料はかかるのかなど、健康保険証の再発行に関する疑問にお答えしていきたいと思います。
これをご覧いただければ、健康保険証の再発行が間単に行えます。

 

続きを読む

年金手帳を紛失!即日の再発行は可能か?

通常、就職あるいは転職の際に、新しく入る会社から「年金手帳を持ってきてください」と言われることがあると思いますが、そのとき、年金手帳がないことに気づく方も多いようです。紛失してしまったという方もいれば、前職の会社に提出したまま返してもらっていないという方も多いようです。
紛失してしまった場合、年金手帳の再発行はどのように手続すればよいのでしょうか?また、再発行手続を取ったとして、年金手帳は、その場で即日発行してもらえるのでしょうか?
今回は、年金手帳を紛失してしまった際の再発行の手続について詳しく解説していきたいと思います。
これをご覧頂けば、ご自身で再発行が可能になります。

 

続きを読む

学生、ニート、失業者必見!国民年金免除制度の3つのポイント

平成29年度の国民年金の保険料は、月額「16,490円」です。結構な高額で、毎月、これを払い続けることは家計的に厳しいと感じてみえる方も多いのではないでしょうか?特に、最近、失業された方とかあるいは学生の方、長い間、働いて見えない方などは、特に厳しいと感じてみえると思います。

でも、だからといって、国民年金保険料を滞納すると、将来、年金が貰えなかったり、貰えたとしても額が少なくなったり、あるいは、滞納中に事故にあって障害を負ったとしても、障害年金が貰えなかったりデメリットも大きいです。

もし、色んな事情で収入が少なく、国民年金保険料を支払うことが困難であれば、是非、「免除制度」を活用しましょう!

「免除制度」が使えれば、その間は年金の加入期間に含まれますし、事故などで障害を負った場合も障害年金が支給されます。面倒くさがらず、滞納するくらいであれば、免除制度を申請しましょう。

今回は国民年金保険料の免除制度について詳しく解説したいと思います。

続きを読む

パート・アルバイトの有給休暇の疑問を徹底解説!知っておきたい3つの重要ポイント

私どもの事務所へ日々寄せられるご相談・ご質問の中でも有給休暇に関するものは非常に多いです。その中でも、正社員に対する有給休暇ではなく、パートやアルバイトで働く方に対する有給休暇に関するご質問が特に多いと感じています。

パート・アルバイトの有給休暇は、そもそも必用なのか?全てのパート・アルバイトに有給はあるのか?あるとして何日の有給休暇があるのか?時給で働く人が有給休暇を取ったとき、給与にどう反映させればよいのか?などなどの疑問をもたれる方が多いようです。

そこで、今回は、パート・アルバイトで働く方はもちろん、パート・アルバイトを雇用している方にも分かりやすいように、パートあ・アルバイトの有給休暇について、くわしく解説していきたいと思います。

続きを読む