再就職手当の申請方法・条件・金額を詳細解説

雇用保険から支給される「再就職手当」をご存知でしょうか?名前くらいは聞いたことがある方も多いと思いますが、再就職手当の具体的な申請方法、貰うための条件、貰える金額、パートやアルバイトとしての再就職でも貰えるか?など、細かい点についてはご存じない方も多いと思います。実際、本来、申請すれば再就職手当をもらえたのに、知らなかったために貰えなかった方も数多くみえます。

そこで、今回は、この「再就職手当」について、社会保険労務士が詳しく解説したいと思います。

続きを読む

失業保険の離職・退職理由別 給付制限期間一覧

今回は、雇用保険の失業給付(失業保険)を受給する際、退職・離職理由によって、給付制限が付く場合がることは、ご存知の方も多いと思いますが、退職・離職理由によっては、給付制限が付かない場合もあります。実は、どういった場合に給付制限がついて、どういった場合に付かないのかを明確に理解している方は、少ないですし、ハローワークや厚生労働省のサイトをみても、はっきりとは載っていません。
例えば、解雇であれば給付制限が付かないことはわかるけど、退職勧奨に応じた場合はどうか、就業規則に違反するなどどして懲戒解雇になった場合はどうなのか?契約期間満了での離職だが、会社から更新してほしいといわれたのに拒否した場合はどうなるのか?など・・・
そこで、今回は、退職・離職理由別に給付制限がどうなるのかを分かりやすく解説したいと思います。

 

続きを読む

禁止しているマイカー通勤をしていた従業員が事故。労災はおりる?

今回ご紹介するのは、通勤災害による労災保険に関してです。

ご相談の内容は以下の通りです。

「当社では、従業員のマイカー通勤を全面的に禁止していますが、先日、会社に黙ってマイカー通勤をしていた従業員が、そのマイカー通勤の途中で、事故を起こし入院することになりました。相手方もいるようで、双方とも重症のようです。会社が禁止しているにもかかわらず、マーカー通勤をした場合でも労災は下りるのでしょうか?また、それとは別に、この従業員に対して、懲戒処分を行っても問題ないでしょうか?」

というものでした。

地方だとマーカー通勤を禁止しているところは少ないですが、都心部だと禁止している会社もあります。これは、マイカー通勤を認めている場合、途中で事故を起こした場合、事故を起こした本人が責任を負うのはもちろんですが、状況によっては、会社が一部の責任を負う場合があるため、それを未然に防止する意味合いで禁止としていると思われます。マイカー通勤が禁止されている中で、通勤途中で事故を起こした場合、通勤災害として労災保険から給付が受けられるでしょうか?受けられるとなった場合でも、この従業員に対して何らかの懲戒処分を行うことはできるのでしょうか?このあたりを詳しく解説したいと思います。

続きを読む

有給休暇の「当日申請」は認められるか?

今回も有給休暇に関するご相談がありましたので、ご紹介したいと思います。

ご相談の内容は以下の通りです。

「先日、従業員から当日の朝に会社に電話で、『今日は、私用で有給休暇の取得をしたい』旨の連絡がありました。暇なときであれば、許可したかもしれませんが、この日は、非常に忙しく、臨時のアルバイトも雇って対応しなければならない日でした。そのため、従業員には、当日の朝の有給休暇の申請は就業規則に書いてある通り認められないから出社するようにと言ったのですが、結局、出社しませんでした。そこで会社としては、無断欠勤として扱ったのですが問題ないでしょうか?」

というものでした。

有給休暇は労働者に認められた正当な権利ですが、前もって申請されているのであればまだしも、当日、しかもかなり忙しいときに申請されても会社としても困ってしまいますね。ご相談のようなケースの場合、法的に申請を認めなければならないのか?あるいは拒否できるのか?また、無断欠勤にすることについて問題ないのかなどについて解説していきたいと思います。

続きを読む

代休と振替休日と割増賃金 勘違いしやすいポイントを詳細解説

今回は、代休と振り替え休日との違いについて解説したいと思います。

私は、社会保険労務士という仕事柄、経営者の方とお話することも労働者の方とお話しすることも多々あるのですが、どちらの立場の方も、この代休と振替休日については、しかっりと違いを理解している方ももちろんおみえですが、勘違いして理解している方も非常に多いように思います。

そこで、あらためて、代休と振替休日の違いを解説するとともに、代休や振替休日を行った際の、割増賃金の計算は、どうなるか?などについても解説していきたいと思います。

 

 

続きを読む

昼休みの電話当番は労働時間になるのか?知っておくべき2つのポイント

今回は、労働者の方から以下のようなご相談がありましたのでご紹介したいと思います。

ご相談の内容は、
「私の会社では、基本的にお昼休憩は、自由なので外に食事に出たり、近所の公園でお弁当を食べたりしていますが、週に1回、持ち回りでお昼休憩に来客と電話対応のため、会社のデスクに残らなければならない日があります。その日は、お弁当を持参したり、コンビにでおにぎり等を買ってデスクで食べることになります。実際には来客はほとんど無く、電話も1回あるかないかといのがほとんどです。上司からは「悪いけど持ち回りで残ってくれないか?」と頼まれて、部署のみんなで相談して今の形になったそうですが、私は、後から入社したのですが、あまり納得していません。お昼休憩に電話番をするのは、労働時間にならないのでしょうか?」
というものでした。

お昼の休憩時間に、電話番のために誰かが残るようにしている会社は、特に中小企業では多いと思います。そこで、法律上、この電話番が労働時間に該当するのか、該当するとして、どのような対応をする必要があるのかなどを解説していきたいと思います。

 

 

続きを読む

半年又は7ヶ月間の有期雇用契約社員にも有給休暇は発生するか?

有給休暇に関して、少し変わったご相談がありましたのでご紹介したいと思います。

ご相談の内容は、
「当社では、6ヶ月(半年)の契約社員と季節的な業務に従事する7ヶ月間の契約社員がいます。いずれも、基本的に契約更新はありません。有給休暇は6ヶ月間勤務後に発生するのですが、そもそも6ヶ月間しか契約期間がない社員に有給休暇は発生するでしょうか?また、7ヶ月間の契約期間の社員の場合は有給休暇は発生するとしても、発生してから契約終了まで残り1ヶ月間しかないのに10日の有給休暇を与えないといけないのでしょうか?」
というものでした。
こういったご相談は、初めてでしたが、確かに疑問に思うのも当然のことだと思います。
そこで、今回は、有給休暇の発生するための要件等について解説していきたいと思います。
(パートタイマーやアルバイトの有給休暇については以下の記事も是非、ご覧ください。
パート・アルバイトの有給休暇の疑問を徹底解説!知っておきたい3つの重要ポイント」)

 

 

続きを読む

退職勧奨と失業給付の関係、押さえておくべき2つのポイント

「退職勧奨」と失業給付について、ご相談がありましたので、ここでも解説したいと思います。
そもそも「退職勧奨」とは、どういうことを言うのでしょうか?「解雇」とは違うのでしょうか?
なんとなくは分かっているけど、細かな点などは分からいう方も多いのではないでしょうか?労働者の側からみても、会社から「辞めてくれないか?」といわれたけど、これが「解雇」に該当するのか「退職勧奨」に該当するのか、よく分からないという方も多いようです。
「解雇」と「退職勧奨」は、もちろん明確な違いがあるので、そのあたりを解説するとともに、例えば、雇用保険の失業給付(失業保険)を受ける際に、解雇と退職勧奨で違いがあるのか?などの疑問についてもお答えしていきたいと思います。

 

続きを読む

高額療養費制度で損しないための4つのポイント

入院や手術をして、病院に支払う金額が高額になったときに、健康保険からお金が返ってくる制度があることは、なんとなくご存知の方も多いと思います。
これを「高額療養費制度」といいますが、なんとなくは知っていても、実際に自分はいくら返ってくるのか、収入によって差があるのか、申請はどのようにしたら良いのか、被扶養者でも対象になるのか、健康保険の種類によって金額に差があるのかなど、細かい点になるとご存じない方も多いと思います。
そこで、今回は、意外と複雑な「高額療養費制度」について社会保険労務士が分かりやすく解説していきたいと思います。

 

続きを読む

出産育児一時金で損しないための2つのポイント

子供が生まれたときに、「出産手当一時金」いうお金がもらえることをご存知の方も多いと思います。ただ、この出産育児一時金について、細かいところまでご存知の方は少ないと思います。例えば、会社に勤めているときに妊娠したが、会社を辞めた後に出産した場合はどうなるのか?双子や三つ子の場合はどうなるのか?流産した場合はどうなるのか?1年以上前に出産し申請していなかったが、今からでも申請可能か?など細かい点にまで解説していきたいと思います。

 

 

続きを読む