国民年金

年金と雇用保険の失業給付は同時に貰えるか?

今回は、国からもらえる、老齢年金、障害年金、遺族年金と同じく国からもらえる、雇用保険の失業給付が同時に受給できるかについて、解説したいと思います。

年金も失業給付も同じ国から支給されるお金ですが、それぞれ支給される「理由」が違いますが、同時に受給できるのでしょうか?年金ごとに解説していきます。

続きを読む

国民年金の繰上げ受給は得なのか?損なのか?

国民年金から支給される老齢基礎年金は、原則として65歳から支給されますが、60歳から繰り上げて貰うことも出来ますし、逆に70歳まで繰り下げてもらうことも可能です。もちろん、繰り上げて貰うのであれば、その分、年金額は減額されますし、繰り下げるのであれば、年金額は増額されます。 実は、通常通り、65歳から老齢基礎年金を受給する人は全体の約65%、繰り上げて受給する人は約35%、繰り下げる人は、ほとんどいなくて1%前後と言われています。ということで3人に1人は繰り上げ受給を選択しているのですが、本当に、繰上げすることが得なのか、損なのかを解説したいと思います。

 

続きを読む

10年で年金受給が可能に!いくら貰えるの?

今年の7月まで年金を受給するためには、原則として25年間の保険料納付期間が必要でした。もちろんすべての方が25年必要だったというわけではありません。例えば、正式に保険料を免除されていた期間や海外に住んでいた期間や20歳以上で学生だった期間などいわゆる合算対象期間(カラ期間)と呼ばれる期間についても、その25年に含めることができるためです。でも、あくまで原則としては、25年間保険料を支払っていないと年金は受給できませんでした。極端な話では、24年間納めたのに年金を受給できない場合もあったということになります。

これが今年(平成29年)8月より、「公的年金制度の財政基盤及び最低保障機能の強化等のための国民年金法等の一部を改正する法律の一部を改正する法律」が施行され、この25年が10年に短縮されることになりました。今回は、この短縮について詳しく解説していきたいと思います。

 

続きを読む

国民年金保険料はクレジットカード払い可能?メリットは?

自営業やフリーランスの方は、国民年金第一号被保険者として、毎月、国民年金保険料を支払っていると思います。現在(平成29年)の国民年金保険料は、1ヶ月16,490円です、年間にすると約20万円、もし夫婦とも国民年金第一号被保険者だとすると、実に年間40万円近い保険料を支払うことになります。結構な金額ですよね。

これだけ高額だと、国民年金保険料をクレジットカードで支払って、ポイントを貯めたいと考える方もみえると思います。

そこで、今回は、そもそも、国民年金保険料をクレジットカードで支払えるのか?支払える場合どのように手続きするのか?クレジットカード払いと現金払いどっちが得なのか?このあたりを解説していきたいと思います。

続きを読む

データで見る!みんな、いくらくらい年金を貰っているか?

自分が貰っている年金額が、平均額とくらべて多いか、少ないか気になるところではありませんか?また、まだ年金をもらっていない方でも、将来、どれくらい貰えるのか気になるところだと思います。今回は、厚生労働省から出されている「平成27年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」という資料(現時点<平成29年9月時点>で最新のものになります)の中のデータから、現在、年金を貰っている方の年金額の平均額はもちろん、現在、年金にどれくらいの人が加入しているのかなども含めて、総合的にデータを読み解いていきたいと思います。

 

続きを読む

年金手帳を紛失!即日の再発行は可能か?

通常、就職あるいは転職の際に、新しく入る会社から「年金手帳を持ってきてください」と言われることがあると思いますが、そのとき、年金手帳がないことに気づく方も多いようです。紛失してしまったという方もいれば、前職の会社に提出したまま返してもらっていないという方も多いようです。
紛失してしまった場合、年金手帳の再発行はどのように手続すればよいのでしょうか?また、再発行手続を取ったとして、年金手帳は、その場で即日発行してもらえるのでしょうか?
今回は、年金手帳を紛失してしまった際の再発行の手続について詳しく解説していきたいと思います。
これをご覧頂けば、ご自身で再発行が可能になります。

 

続きを読む

学生、ニート、失業者必見!国民年金免除制度の3つのポイント

平成29年度の国民年金の保険料は、月額「16,490円」です。結構な高額で、毎月、これを払い続けることは家計的に厳しいと感じてみえる方も多いのではないでしょうか?特に、最近、失業された方とかあるいは学生の方、長い間、働いて見えない方などは、特に厳しいと感じてみえると思います。

でも、だからといって、国民年金保険料を滞納すると、将来、年金が貰えなかったり、貰えたとしても額が少なくなったり、あるいは、滞納中に事故にあって障害を負ったとしても、障害年金が貰えなかったりデメリットも大きいです。

もし、色んな事情で収入が少なく、国民年金保険料を支払うことが困難であれば、是非、「免除制度」を活用しましょう!

「免除制度」が使えれば、その間は年金の加入期間に含まれますし、事故などで障害を負った場合も障害年金が支給されます。面倒くさがらず、滞納するくらいであれば、免除制度を申請しましょう。

今回は国民年金保険料の免除制度について詳しく解説したいと思います。

続きを読む