国民年金保険料はクレジットカード払い可能?メリットは?

自営業やフリーランスの方は、国民年金第一号被保険者として、毎月、国民年金保険料を支払っていると思います。現在(平成29年)の国民年金保険料は、1ヶ月16,490円です、年間にすると約20万円、もし夫婦とも国民年金第一号被保険者だとすると、実に年間40万円近い保険料を支払うことになります。結構な金額ですよね。

これだけ高額だと、国民年金保険料をクレジットカードで支払って、ポイントを貯めたいと考える方もみえると思います。

そこで、今回は、そもそも、国民年金保険料をクレジットカードで支払えるのか?支払える場合どのように手続きするのか?クレジットカード払いと現金払いどっちが得なのか?このあたりを解説していきたいと思います。

続きを読む

国民健康保険証は更新手続が必要?滞納している場合どうなる?

一般の会社員の方が加入する協会けんぽの健康保険証や大企業の方が加入している健康保険組合の健康保険証には有効期限はありませんので、基本的に、その会社を退職するまでは同じ健康保険証を使い続けることになりますが、市区町村が運営する国民健康保険証には有効期限というものがあります。

有効期限があっても、保険料をきちんと納めている人はには、問題なく、新しい保険証が送られてくるのですが、もし、国民健康保険料を滞納していたらどうなるのでしょうか?新しい保険証は貰えないのでしょうか?そうなったら病院にかかれないのでしょうか?

今回は国民健康保険の更新と滞納について解説していきたいと思います。

 

 

続きを読む

今月(2017年10月)の給与から社会保険料が変更になってますよ。

すでに、今月(2017年10月)に給与が支払われている方もみえると思いますが、今月の給与明細をよく見てみてください。

先月と変わっている点があると思います。それは社会保険料(健康保険料・介護保険料・厚生年金保険料)です。

中には、健康保険料・介護保険料・厚生年金保険料のすべてが変わっている方もいれば、厚生年金保険料だけが変わっている方もみえると思います。

少なくとも厚生年金保険料については、すべての方が変わっているはずです。

どういうことなのか、解説していきたいと思います。

 

 

続きを読む

1ヶ月間に入社→退社→入社を繰り返した場合、保険料は2重にとられる?

最近は、超売り手市場なので、転職を繰り返して、より条件の良い会社に入りたいと考える方も多いと思います。いろんな会社を見ていく中で、一旦入社したけど、どうも思っていたのと違うと思い、すぐに辞めてしまい、そして、またすぐ違う会社に入社するという方もみえると思います。

その際に気になるのが、社会保険料の取り扱いです。1ヶ月の間に、入社→退社→入社と繰り返した場合、最初の会社と次の会社で社会保険料は、両方取られてしまうのでしょうか?つまり二重払いしなければならないのでしょうか?この点について、専門家である現役の社会保険労務士が詳しく解説したいと思います。

 

 

続きを読む

失業保険の認定日に急用で行けなかった・忘れた。どうなる?

雇用保険の失業保険を受給するためには必す指定された「認定日」にハローワークに行かなければなりません。ただ、認定日は原則として4週間に1回なので、その日に行くのを忘れてしまったという方もみえると思います。忘れていなかったとしても、例えば、急病にかかってどうしても行くことができなかったとか、親戚が急遽、亡くなってしまって行けなくなったとかいう場合もあると思います。

今回は、そういった、認定日にハローワークに行くことができなかった場合は、どうすればよいのかをまとめていきたいと思います。

続きを読む

国民健康保険から社会保険への切り替え・脱退手続きまとめ

転職や就職した場合、その会社での健康保険への加入手続きは会社がやってくれるので、問題ないのですが、その転職や就職する前に国民健康保険に加入していた場合は、その国民健康保険の脱退手続きは、会社ではやってくれないので、自分で行わなければなりません。実は、この国民健康保険の脱退手続きを忘れてしまっている方が結構みえます。脱退手続きを行わない限り、国民健康保険からの請求は止まりません。間違って支払ってしまうと、新しい会社からの給与から健康保険料の天引きとあわせて、二重払いになりかねません。

そこで、あらためて、国民健康保険の脱退手続きについてまとめていきたいと思います。

続きを読む

失業保険受給中にアルバイトはしてもいいの?

さて、今回は、退職された方から失業保険受給中のアルバイトについてのご質問がありましたので、失業保険とアルバイトの関係について説明していきたいと思います。失業保険受給中に「アルバイトをしたい」と考える方は多いと思います。特に、失業保険の金額が低い方や、給付制限期間(申請してから失業保険が貰えない期間)が長い方などは、特にアルバイトをしたいと考えると思います。

やみくもにアルバイトをしてしまうと、アルバイトをした日数や時間、給料額によって、失業保険の受給金額が変わったり、不支給になったりして、結果として損してしまうケースも少なくありません。そうならないためにも、是非、失業給付とアルバイトの関係について理解していただきたいと思います。

 

続きを読む

データで見る!みんな、いくらくらい年金を貰っているか?

自分が貰っている年金額が、平均額とくらべて多いか、少ないか気になるところではありませんか?また、まだ年金をもらっていない方でも、将来、どれくらい貰えるのか気になるところだと思います。今回は、厚生労働省から出されている「平成27年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」という資料(現時点<平成29年9月時点>で最新のものになります)の中のデータから、現在、年金を貰っている方の年金額の平均額はもちろん、現在、年金にどれくらいの人が加入しているのかなども含めて、総合的にデータを読み解いていきたいと思います。

 

続きを読む

「額面」と「手取り額」の違いを正確に理解していますか?

よく、お給料の話になると、「手取り額はいくら?」とか、「年収は500万円です」と言うと、「それって、手取り額?それとも額面?」といった会話がなされるときがあります。では、額面と手取り額の違いについては、ご存知でしょうか?

もちろんご存知の方も多いとは思いますが、今回は、この「額面」と「手取り額」の違いについて、あらためて解説していきたいと思います。また、額面が○円の場合の手取り額はいくらになるのか、数パターンを実際に計算してご紹介したいと思います。

 

続きを読む

残業って無制限にやらされるの?時間外労働の上限について解説

最近、過度な時間外労働(残業)による自殺等のニュースが増えてきたように思います。過重労働の問題は昔からありましたが、ここ最近はより注目されるようになってきました。どの業種、どの企業も慢性的な人手不足により、現在いる社員の方にそのしわ寄せが出ているようにも思います。もちろん、人手不足だけが、過重労働の原因ではありません。ブラック企業に見られるような、企業そのものの体質も大きく関わっているように思います。私は社会保険労務士として、日々、色んな会社を見てきていますが、いまだに時間外労働・残業に対して甘い考え(サービス残業をさせても良いと考えるなど)を持っている経営者の方は少なくありません。そこで、今回は、時間外労働(残業)についての解説と実際、時間外労働はどこまでのの範囲で許されるのかを解説していきたいと思います。

 

続きを読む