国民健康保険から社会保険への切り替え・脱退手続きまとめ

転職や就職した場合、その会社での健康保険への加入手続きは会社がやってくれるので、問題ないのですが、その転職や就職する前に国民健康保険に加入していた場合は、その国民健康保険の脱退手続きは、会社ではやってくれないので、自分で行わなければなりません。実は、この国民健康保険の脱退手続きを忘れてしまっている方が結構みえます。脱退手続きを行わない限り、国民健康保険からの請求は止まりません。間違って支払ってしまうと、新しい会社からの給与から健康保険料の天引きとあわせて、二重払いになりかねません。

そこで、あらためて、国民健康保険の脱退手続きについてまとめていきたいと思います。

続きを読む

失業保険受給中にアルバイトはしてもいいの?

さて、今回は、退職された方から失業保険受給中のアルバイトについてのご質問がありましたので、失業保険とアルバイトの関係について説明していきたいと思います。失業保険受給中に「アルバイトをしたい」と考える方は多いと思います。特に、失業保険の金額が低い方や、給付制限期間(申請してから失業保険が貰えない期間)が長い方などは、特にアルバイトをしたいと考えると思います。

やみくもにアルバイトをしてしまうと、アルバイトをした日数や時間、給料額によって、失業保険の受給金額が変わったり、不支給になったりして、結果として損してしまうケースも少なくありません。そうならないためにも、是非、失業給付とアルバイトの関係について理解していただきたいと思います。

 

続きを読む

データで見る!みんな、いくらくらい年金を貰っているか?

自分が貰っている年金額が、平均額とくらべて多いか、少ないか気になるところではありませんか?また、まだ年金をもらっていない方でも、将来、どれくらい貰えるのか気になるところだと思います。今回は、厚生労働省から出されている「平成27年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」という資料(現時点<平成29年9月時点>で最新のものになります)の中のデータから、現在、年金を貰っている方の年金額の平均額はもちろん、現在、年金にどれくらいの人が加入しているのかなども含めて、総合的にデータを読み解いていきたいと思います。

 

続きを読む

「額面」と「手取り額」の違いを正確に理解していますか?

よく、お給料の話になると、「手取り額はいくら?」とか、「年収は500万円です」と言うと、「それって、手取り額?それとも額面?」といった会話がなされるときがあります。では、額面と手取り額の違いについては、ご存知でしょうか?

もちろんご存知の方も多いとは思いますが、今回は、この「額面」と「手取り額」の違いについて、あらためて解説していきたいと思います。また、額面が○円の場合の手取り額はいくらになるのか、数パターンを実際に計算してご紹介したいと思います。

 

続きを読む

残業って無制限にやらされるの?時間外労働の上限について解説

最近、過度な時間外労働(残業)による自殺等のニュースが増えてきたように思います。過重労働の問題は昔からありましたが、ここ最近はより注目されるようになってきました。どの業種、どの企業も慢性的な人手不足により、現在いる社員の方にそのしわ寄せが出ているようにも思います。もちろん、人手不足だけが、過重労働の原因ではありません。ブラック企業に見られるような、企業そのものの体質も大きく関わっているように思います。私は社会保険労務士として、日々、色んな会社を見てきていますが、いまだに時間外労働・残業に対して甘い考え(サービス残業をさせても良いと考えるなど)を持っている経営者の方は少なくありません。そこで、今回は、時間外労働(残業)についての解説と実際、時間外労働はどこまでのの範囲で許されるのかを解説していきたいと思います。

 

続きを読む

嘱託社員と契約社員の違いは?

「嘱託社員」又は「嘱託職員」と呼ばれる労働者の方が最近増えてきています。「嘱託社員」や「嘱託職員」と呼ばれる方は、いったいどういった方を指すのでしょうか?この言葉自体は良く聞くけれど、どういった労働者のことを言うのか正確に答えられる方は少ないのではないでしょうか?

そこで、今回は、「嘱託社員」「嘱託職員」について、どういう方を指すのか、給与など待遇面はどうなのかなど解説していきたいと思います。会社の人事労務のご担当者だけでなく、現在、「嘱託」として働いてくれないかと言われている方にもお役に立てれば幸いです。

 

続きを読む

離職票を紛失したときの再発行の手続きと2つの重要ポイント

離職票は、雇用保険の失業給付を受けるためには、欠かせない書類になります。離職票は、退職した再に、会社から受け取るものですが、受け取ったはいいものの、この離職票を紛失してしまったという方、あるいは、会社は郵送で退職者宛に離職票を発送したが、届かないというケースもごく稀にあります。

そこで、今回は、離職票を紛失した際(または行方不明になった際)の再発行手続き及び離職票がどういうものかも含めて解説していきたいと思います。

 

 

続きを読む

損してるかも?失業保険(失業手当)の仕組みをやさしく解説

「失業保険」や「失業給付」という言葉はよく聞くと思います。退職後に国から貰えるお金くらいに考えている方も多いのではないでしょうか?

ただ、この失業保険、意外に制度自体が複雑で会社を辞める前にしっかり内容を把握しておかないと、いざ退職後に受け取ろうとすると、すぐには受け取れない、あるいは、もらえる金額が減ってしまったり、、制度を良く知らなかったためにトラブルにつながったりすることもあります。

そこで今回は、失業保険を受け取るための最低条件や実際の手続方法、トラブルにならないためのポイントなどについて、現役の社会保険労務士が解説します。

 

 

続きを読む

退職後の健康保険で一番得する方法は?

いざ退職することが決まったとき、考えなければならないこととして、「健康保険」をどうするかがあります。次の転職先がすでに決まっている場合は、考える必要はありませんが、少しでも無職の期間が発生するのであれば、退職後の健康保険をどうするか慎重に選択しなければ、「損」することにもなりかねません、

今回は、退職後の健康保険で損しないために、どのような選択肢があるか、解説していきたいと思います。

 

 

続きを読む

扶養の範囲「103万、106万、130万の壁」のおさらい

今回は、扶養の範囲内の収入に関するご質問です。

「現在、パートに出ていますが、よくパートの収入に関して「103万円壁」とか「130万円の壁」とか聞きますが、いまいち良く分かりません。詳しく教えてもらえますか?」というのものでした。

主婦をされている方で、パートに出ている方も多いと思います。その際に、必ずと言っていいほど話題になるのはこの103万円と130万円の壁です。パートでの収入が103万円を超えるとどうなるか、130万円を超えるとどうなるか、そして、最近になってできた「106万円の壁」についても解説していきたいと思います。

 

 

続きを読む