健康保険

1ヶ月間に入社→退社→入社を繰り返した場合、保険料は2重にとられる?

最近は、超売り手市場なので、転職を繰り返して、より条件の良い会社に入りたいと考える方も多いと思います。いろんな会社を見ていく中で、一旦入社したけど、どうも思っていたのと違うと思い、すぐに辞めてしまい、そして、またすぐ違う会社に入社するという方もみえると思います。

その際に気になるのが、社会保険料の取り扱いです。1ヶ月の間に、入社→退社→入社と繰り返した場合、最初の会社と次の会社で社会保険料は、両方取られてしまうのでしょうか?つまり二重払いしなければならないのでしょうか?この点について、専門家である現役の社会保険労務士が詳しく解説したいと思います。

 

 

続きを読む

国民健康保険から社会保険への切り替え・脱退手続きまとめ

転職や就職した場合、その会社での健康保険への加入手続きは会社がやってくれるので、問題ないのですが、その転職や就職する前に国民健康保険に加入していた場合は、その国民健康保険の脱退手続きは、会社ではやってくれないので、自分で行わなければなりません。実は、この国民健康保険の脱退手続きを忘れてしまっている方が結構みえます。脱退手続きを行わない限り、国民健康保険からの請求は止まりません。間違って支払ってしまうと、新しい会社からの給与から健康保険料の天引きとあわせて、二重払いになりかねません。

そこで、あらためて、国民健康保険の脱退手続きについてまとめていきたいと思います。

続きを読む

退職後の健康保険で一番得する方法は?

いざ退職することが決まったとき、考えなければならないこととして、「健康保険」をどうするかがあります。次の転職先がすでに決まっている場合は、考える必要はありませんが、少しでも無職の期間が発生するのであれば、退職後の健康保険をどうするか慎重に選択しなければ、「損」することにもなりかねません、

今回は、退職後の健康保険で損しないために、どのような選択肢があるか、解説していきたいと思います。

 

 

続きを読む

雇用保険・健康・介護保険・厚生年金の加入上限年齢まとめ

今回は、雇用保険、健康保険、介護保険、厚生年金保険は、何歳まで加入しなければならないか、その上限年齢についてまとめていきたいと思います。

というのも、最近、この加入の上限年齢についてのご質問がとても増えてきています。その背景として、人手不足のため、比較的若い方の採用が難しくなってきており、大企業でも中小企業でも最近は、いわゆる高齢者の採用を積極的におこなうようになったためだと思われます。

60歳代や70歳代の方を採用する際に、各社会保険に加入させるのかどうなのか、間違わないために、今一度、各保険の加入上限年齢をまとめていきます。

 

 

続きを読む

高額療養費制度で損しないための4つのポイント

入院や手術をして、病院に支払う金額が高額になったときに、健康保険からお金が返ってくる制度があることは、なんとなくご存知の方も多いと思います。
これを「高額療養費制度」といいますが、なんとなくは知っていても、実際に自分はいくら返ってくるのか、収入によって差があるのか、申請はどのようにしたら良いのか、被扶養者でも対象になるのか、健康保険の種類によって金額に差があるのかなど、細かい点になるとご存じない方も多いと思います。
そこで、今回は、意外と複雑な「高額療養費制度」について社会保険労務士が分かりやすく解説していきたいと思います。

 

続きを読む

出産育児一時金で損しないための2つのポイント

子供が生まれたときに、「出産手当一時金」いうお金がもらえることをご存知の方も多いと思います。ただ、この出産育児一時金について、細かいところまでご存知の方は少ないと思います。例えば、会社に勤めているときに妊娠したが、会社を辞めた後に出産した場合はどうなるのか?双子や三つ子の場合はどうなるのか?流産した場合はどうなるのか?1年以上前に出産し申請していなかったが、今からでも申請可能か?など細かい点にまで解説していきたいと思います。

 

 

続きを読む

健康保険証を紛失した!再発行手続の場所と期間と料金を徹底解説!

いざ病院に行こうとして健康保険証を探したら、いつものところにない!。散々探しても無い!家の中で紛失したのか、どこかに置き忘れたのか、はたまた落としたのか、見当もつかない・・・・

こんな経験をされた方もみえるのではないでしょうか?

そんなとき、慌てずに健康保険証の再発行手続を行いましょう。
健康保険証の再発行手続は、どこで行うのか、そして再発行までにどれくらいの時間がかかるのか、手数料はかかるのかなど、健康保険証の再発行に関する疑問にお答えしていきたいと思います。
これをご覧いただければ、健康保険証の再発行が間単に行えます。

 

続きを読む

傷病手当金を受給するための4つの条件。金額と申請期間も解説。

仕事中のケガなどで会社を休まなくてはならなくなったときに、労災保険からお金が出ることは、ご存知の方も多いと思います。

では、仕事中のケガではなく、仕事とは関係のない、いわゆる「私傷病」で会社を休む必要がでたとき、なにかお金を貰える制度はないのでしょうか?

そう、会社で健康保険に入っていれば、私傷病で会社を休み、お給料がストップしてしまっても、健康保険から「傷病手当金」が支給されます。

この「傷病手当金」も、以前、ご紹介した「出産手当金」同様、協会けんぽや各健康保険組合に申請手続きをしなければ、貰えません。

そこで、今回は、この傷病手当金をどうやって申請すればいいのか?どのような条件の人がもらえるのか?そしていつ、金額はいくらもらえるのか?申請期間はいつまでか?などの疑問にお答えしたいと思います。

続きを読む

健康保険の扶養に入る条件、外れる手続とタイミングを詳細解説

会社の健康保険に入っていて、家族を被扶養者として健康保険に入れたいと考える場面は多いと思いますが、どういった家族が入れて、また、それはいつからOKなのか?実は正確に把握している人は少ないと思います。
例えば「35歳無職の息子」は扶養に入れるのか?「50歳パートの実姉」は?「離れて暮らしている義父」は?など、なかなか即答できる方は少ないのではないでしょうか?

また、逆に、様々な事由で、一旦、被扶養者として健康保険に入れた家族を扶養から外さないといけない場面というのもでてきます。その際、どのタイミングで外せばいいのか?また、外すのを忘れていたらどうなるのか?など、今回は健康保険の扶養に関する疑問に答えていきたいと思います。
(ここでご紹介するのは、あくまで会社で加入している健康保険です。自営業者などが加入する「国民健康保険」とは異なりますので、ご注意ください)

続きを読む

出産手当金の申請手続きが誰でも分かる!計算期間と申請手続のすべて(記入例付)

会社で健康保険に加入している方が、出産のために会社を休んだ場合「出産手当金」が健康保険から支給されます。

でも、この「出産手当金」は待っていてももらえません。協会けんぽや各健康保険組合に申請手続きをしなければ、貰えないのです。

では、どうやって申請すればいいのか?どのような条件の人がもらえるのか?そもそも、自分で手続きしなければならないのか?会社がやってくれるのか?いつもらえるのか?いくらもらえるのか?などの疑問をお持ちの方もいいのではないでしょうか?

そこで、今回は、出産手当金の仕組みからどのように申請手続きを行うのかまでをかなり詳細に解説していきます。

この記事を見て頂ければ、誰でも申請手続きができるようになることを目指していきたいと思います。

続きを読む