親を扶養に入れる場合の税金(扶養控除)の注意点

今回は、親を税の扶養に入れたいと考えたときに、注意する点を解説していきたいと思います。親の扶養は、子供や配偶者を扶養にする場合と違って、少し複雑になります。親に収入がある場合、その収入が年金のみなのか、パートなどで働いていて給与ももらっているのか、同居しているのか、別居しているのかなどでも変わってきます。そういったことを詳しく解説していきたいと思います。

 

続きを読む

退職届を提出した後でも賞与はもらえるのか?

前回は、「会社を退職したい場合、いつ会社に伝えるのがベストか?」について記事を書きましたが、今回は、退職届を提出した後でも賞与を貰えるか?について解説したいとおみます。

退職を考える際に、もちろん考え始めた時期にもよるとは思いますが、賞与の支給日が比較的近ければ、「どうせ退職するなら賞与を貰ってから退職しよう」と考える方も多いと思います。実際に、退職届を提出した後でも問題なく賞与がもらえるかどうかを解説します。

 

続きを読む

会社を退職したい場合、いつ会社に伝えるのがベストか?

今年(2019年)は、10日間という非常に長いゴールデンウィークでした。毎年、ゴールデンウィーク明けや年末年始の休暇明けには、会社を退職したいと考える人が増えるようです。今、ちょうどゴールデンウィーク明けなので、退職をお考えの方もいるのではないでしょうか?そこで、今回は、退職したい場合に、いつ、会社に伝えればよいのかなどについて解説していきたいと思います。

 

続きを読む

児童手当は、どこで、だれが、どうやって貰うの?

子供がいれば児童手当を受けれることをご存じの方は多いと思いますが、いざ、手続きをしようとした時、どこで、だれが、どのように手続きをすればよいのか迷う方も多いようです。そこで、今回は、児童手当の概要の説明とどのように手続きをすればよいかを解説していきたいと思います。

 

続きを読む

あらためて、有給休暇の義務化について解説!

有給休暇

先月、4月1日(2019年)から始まった、有給休暇の義務化について改めて解説したいと思います。関与先等からのご質問を伺っていると、勘違いされている点や間違って理解されている点などが結構あります。そのあたりについても詳細に解説したいと思います。

 

続きを読む

離職票が届かない!そんな時の対処法

最近、労働者の方からのご相談の中で多いのが「会社を辞めたけど、離職票が送られてこないのですが・・・」というものです。 一般的には、離職票は、会社を辞めてから1週間から2週間程度で送られてきます。ただ、特に中小企業の場合は、送られてくるまでに1ケ月以上かかる場合もあるようです。 失業給付を受給するためには、原則として離職票が必要なので、離職票が送られてこないと失業給付の申請ができないため、あまりに遅れてしまうと、本来受給できる額の失業給付が受給できない可能性も出てきますので、あまりに送られてこない場合は。早めに対処することが重要です。

 

続きを読む

派遣社員の2018年問題を詳細解説

前回は、労働契約法における2018年問題を解説しました。今回は、派遣法による2018年問題です。

派遣会社も一般の会社と同様に、前回ご説明した労働契約法の2018年問題の影響をうけますが、派遣会社はさらに、労働者派遣法による2018年問題の影響も受けることに注意しなければなりません。

いままで特定の業務(いわゆる政令26業務)に派遣として働いていた方は、派遣期間の制限がありませんでしたが、2015年の派遣法改正に伴い、すべての派遣労働者に対し、個人単位で派遣可能な期間は同じ企業同じ部署に対し「3年」とされました。つまり、これまで、ずっと同じ会社の同じ部署に何年も派遣労働者として働いてきた方についても2015年10月からは3年が上限とされることになりました。よって2015年10月から3年後の2018年9月いっぱいで3年を迎えることになり、これらの方は、派遣先で直接雇用してもらうか、派遣元で無期契約に切り替えてもらうかなどの選択となります。

今回は、これらについてもう少し詳しく解説していきたいと思います。

 

続きを読む

有期契約社員の無期雇用転換ルールとは?2018年問題

今回は、いわゆる2018年問題について解説したいと思います。

労務関係における、2018年問題は主に2つあります。

一つは、2013年4月、労働契約法が改正されたことに伴い、有期の労働契約の期間が繰り返され、それが合わせて5年を超えると、期間の定めの無い契約つまり無期の労働契約に切り替えなければならないルールが新たに制定されました。これを「5年ルール」とか「無期転換ルール」といいます。これらのルールは、法改正があった2013年4月以降の有期契約からカウントするこことになるので、2013年4月から5年後である2018年にこのルールが適用される従業員が出ることから「2018年問題」といわれるようになりました。

もう一つは、2015年9月に行われた派遣法の大改正によるものです。それまでは、一定の業務に関しては、期間の制限なしで派遣が可能でしたが、この大改正以後は、個人単位についても、「3年」が上限とされました。3年を過ぎると、別の会社に移るか、同じ会社でも別の部署に異動しなければならなくなりました、2015年10月から3年後の2018年10月に丸3年をむかえることからこちらも「2018年問題」といわれるようになりました。

今回は、労働契約法の2018年問題について解説していきたいと思います。  

続きを読む

国民年金の繰上げ受給は得なのか?損なのか?

国民年金から支給される老齢基礎年金は、原則として65歳から支給されますが、60歳から繰り上げて貰うことも出来ますし、逆に70歳まで繰り下げてもらうことも可能です。もちろん、繰り上げて貰うのであれば、その分、年金額は減額されますし、繰り下げるのであれば、年金額は増額されます。 実は、通常通り、65歳から老齢基礎年金を受給する人は全体の約65%、繰り上げて受給する人は約35%、繰り下げる人は、ほとんどいなくて1%前後と言われています。ということで3人に1人は繰り上げ受給を選択しているのですが、本当に、繰上げすることが得なのか、損なのかを解説したいと思います。

 

続きを読む

所得証明書の取り方と注意点

今回は私の友人から「会社から妻の所得証明書を取るように言われたけど、どうやってとるの?」の相談を受けたので、所得証明について解説したいと思います。

たしかに、いきなり所得証明を取れといわれても、初めての場合は、どういった書類で、どうやってとるのか分かりませんよね。

そこで、所得証明の取り方と所得証明を取る際の注意点等について解説していきたいと思います。

 

続きを読む