雇用保険

年金と雇用保険の失業給付は同時に貰えるか?

今回は、国からもらえる、老齢年金、障害年金、遺族年金と同じく国からもらえる、雇用保険の失業給付が同時に受給できるかについて、解説したいと思います。

年金も失業給付も同じ国から支給されるお金ですが、それぞれ支給される「理由」が違いますが、同時に受給できるのでしょうか?年金ごとに解説していきます。

続きを読む

離職票が届かない!そんな時の対処法

最近、労働者の方からのご相談の中で多いのが「会社を辞めたけど、離職票が送られてこないのですが・・・」というものです。 一般的には、離職票は、会社を辞めてから1週間から2週間程度で送られてきます。ただ、特に中小企業の場合は、送られてくるまでに1ケ月以上かかる場合もあるようです。 失業給付を受給するためには、原則として離職票が必要なので、離職票が送られてこないと失業給付の申請ができないため、あまりに遅れてしまうと、本来受給できる額の失業給付が受給できない可能性も出てきますので、あまりに送られてこない場合は。早めに対処することが重要です。

 

続きを読む

失業保険の認定日に急用で行けなかった・忘れた。どうなる?

雇用保険の失業保険を受給するためには必す指定された「認定日」にハローワークに行かなければなりません。ただ、認定日は原則として4週間に1回なので、その日に行くのを忘れてしまったという方もみえると思います。忘れていなかったとしても、例えば、急病にかかってどうしても行くことができなかったとか、親戚が急遽、亡くなってしまって行けなくなったとかいう場合もあると思います。

今回は、そういった、認定日にハローワークに行くことができなかった場合は、どうすればよいのかをまとめていきたいと思います。

続きを読む

失業保険受給中にアルバイトはしてもいいの?

さて、今回は、退職された方から失業保険受給中のアルバイトについてのご質問がありましたので、失業保険とアルバイトの関係について説明していきたいと思います。失業保険受給中に「アルバイトをしたい」と考える方は多いと思います。特に、失業保険の金額が低い方や、給付制限期間(申請してから失業保険が貰えない期間)が長い方などは、特にアルバイトをしたいと考えると思います。

やみくもにアルバイトをしてしまうと、アルバイトをした日数や時間、給料額によって、失業保険の受給金額が変わったり、不支給になったりして、結果として損してしまうケースも少なくありません。そうならないためにも、是非、失業給付とアルバイトの関係について理解していただきたいと思います。

 

続きを読む

離職票を紛失したときの再発行の手続きと2つの重要ポイント

離職票は、雇用保険の失業給付を受けるためには、欠かせない書類になります。離職票は、退職した再に、会社から受け取るものですが、受け取ったはいいものの、この離職票を紛失してしまったという方、あるいは、会社は郵送で退職者宛に離職票を発送したが、届かないというケースもごく稀にあります。

そこで、今回は、離職票を紛失した際(または行方不明になった際)の再発行手続き及び離職票がどういうものかも含めて解説していきたいと思います。

 

 

続きを読む

損してるかも?失業保険(失業手当)の仕組みをやさしく解説

「失業保険」や「失業給付」という言葉はよく聞くと思います。退職後に国から貰えるお金くらいに考えている方も多いのではないでしょうか?

ただ、この失業保険、意外に制度自体が複雑で会社を辞める前にしっかり内容を把握しておかないと、いざ退職後に受け取ろうとすると、すぐには受け取れない、あるいは、もらえる金額が減ってしまったり、、制度を良く知らなかったためにトラブルにつながったりすることもあります。

そこで今回は、失業保険を受け取るための最低条件や実際の手続方法、トラブルにならないためのポイントなどについて、現役の社会保険労務士が解説します。

 

 

続きを読む

雇用保険・健康・介護保険・厚生年金の加入上限年齢まとめ

今回は、雇用保険、健康保険、介護保険、厚生年金保険は、何歳まで加入しなければならないか、その上限年齢についてまとめていきたいと思います。

というのも、最近、この加入の上限年齢についてのご質問がとても増えてきています。その背景として、人手不足のため、比較的若い方の採用が難しくなってきており、大企業でも中小企業でも最近は、いわゆる高齢者の採用を積極的におこなうようになったためだと思われます。

60歳代や70歳代の方を採用する際に、各社会保険に加入させるのかどうなのか、間違わないために、今一度、各保険の加入上限年齢をまとめていきます。

 

 

続きを読む

再就職手当の申請方法・条件・金額を詳細解説

雇用保険から支給される「再就職手当」をご存知でしょうか?名前くらいは聞いたことがある方も多いと思いますが、再就職手当の具体的な申請方法、貰うための条件、貰える金額、パートやアルバイトとしての再就職でも貰えるか?など、細かい点についてはご存じない方も多いと思います。実際、本来、申請すれば再就職手当をもらえたのに、知らなかったために貰えなかった方も数多くみえます。

そこで、今回は、この「再就職手当」について、社会保険労務士が詳しく解説したいと思います。

続きを読む

失業保険の離職・退職理由別 給付制限期間一覧

今回は、雇用保険の失業給付(失業保険)を受給する際、退職・離職理由によって、給付制限が付く場合がることは、ご存知の方も多いと思いますが、退職・離職理由によっては、給付制限が付かない場合もあります。実は、どういった場合に給付制限がついて、どういった場合に付かないのかを明確に理解している方は、少ないですし、ハローワークや厚生労働省のサイトをみても、はっきりとは載っていません。
例えば、解雇であれば給付制限が付かないことはわかるけど、退職勧奨に応じた場合はどうか、就業規則に違反するなどどして懲戒解雇になった場合はどうなのか?契約期間満了での離職だが、会社から更新してほしいといわれたのに拒否した場合はどうなるのか?など・・・
そこで、今回は、退職・離職理由別に給付制限がどうなるのかを分かりやすく解説したいと思います。

 

続きを読む

退職勧奨と失業給付の関係、押さえておくべき2つのポイント

「退職勧奨」と失業給付について、ご相談がありましたので、ここでも解説したいと思います。
そもそも「退職勧奨」とは、どういうことを言うのでしょうか?「解雇」とは違うのでしょうか?
なんとなくは分かっているけど、細かな点などは分からいう方も多いのではないでしょうか?労働者の側からみても、会社から「辞めてくれないか?」といわれたけど、これが「解雇」に該当するのか「退職勧奨」に該当するのか、よく分からないという方も多いようです。
「解雇」と「退職勧奨」は、もちろん明確な違いがあるので、そのあたりを解説するとともに、例えば、雇用保険の失業給付(失業保険)を受ける際に、解雇と退職勧奨で違いがあるのか?などの疑問についてもお答えしていきたいと思います。

 

続きを読む