労務管理

課長以上は残業代無しは違法か?

今回は、残業代に関してです。残業代を含めて生活費を考えている方というのは意外に多いなと個人的には感じていますが、そういう方たちからよく、課長には昇進したくないという声を聞きます。なぜかと聞くと、課長になると一律で残業代がでなくなるからという答えが必ずと言っていいほど返ってきます。
「課長になると残業代が出ない」という話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?課長になると、役職手当は上がるけど、残業代が出ないので、総額では逆に減ってしまう会社が多いようです。
では、そもそも課長以上は残業代は出さないというやり方に問題はないのでしょうか?解説したいと思います。

続きを読む

有給休暇を取得すると給料が減る?

有給休暇を取得すると給与が減る場合があると聞くと「それは違法じゃない?」と考える方が多いと思います。もちろん、違法になる場合もあるのですが、合法にもかかわらず、給与が減る場合が無いわけでもありません。
今回は、有給休暇取得時に支払われる賃金について解説したいと思います。

続きを読む

営業スタッフの残業代計算は間違いが多い?

働き方改革で労働時間の削減が叫ばれる一方、人手不足により、労働時間がなかなか減らない現状もあります。昨今は、労働基準監督署の調査も増え、未払い残業が問題になるケースも多いですが、会社が問題ないと思っていても、実は、その残業代計算自体が間違っていたというケースも少なくありません。特に営業スタッフ等で歩合給がある従業員の残業代計算が間違っているケースが多いので、今回は、営業スタッフの残業代計算を詳しく解説したいと思います。

続きを読む

半日有給の疑問あれこれを解説

最近は、労働者の利便性を考慮して、半日単位の有給休暇を認める会社も増えてきました。でも、実際に半日有給制度を開始すると、会社側も労働者側もいろんな疑問が生じてきます。

今回は、そんな半日有給の様々な疑問のうち代表的なものについて解説していきたいと思います。

続きを読む

産前産後休業中でも有給休暇は取得可能か?

今回は、有給休暇に関して、少し特殊なご質問がありましたので、回答と解説をしたいと思います。

ご質問は、以下の通りです。

「産前産後休業中の社員から、有給休暇を取得したい旨の連絡がありました。休業中なのに、有給休暇を与えなければならないのでしょうか?」

というものでした。なかなか特殊なケースですが、どの会社でもあり得る話なので解説したいと思います。

続きを読む

採用から14日以内なら無条件に解雇できるか?

今回は、知り合いの経営者の方からのご質問を紹介したいと思います。

ご質問の内容は次の通りです。
「先日、新しく従業員を雇ったけど、思ったほど使えないから、解雇したい」「まだ採用から14日以内だから即日で解雇しても問題ないよね?」というものでした。実は、この会社には別の社労士さんがついているようですが、その社労士さんは、「問題ない」と答えたそうです。

本当にそうでしょうか?解説したいと思います。

続きを読む

退職届を提出した後でも賞与はもらえるのか?

前回は、「会社を退職したい場合、いつ会社に伝えるのがベストか?」について記事を書きましたが、今回は、退職届を提出した後でも賞与を貰えるか?について解説したいとおみます。

退職を考える際に、もちろん考え始めた時期にもよるとは思いますが、賞与の支給日が比較的近ければ、「どうせ退職するなら賞与を貰ってから退職しよう」と考える方も多いと思います。実際に、退職届を提出した後でも問題なく賞与がもらえるかどうかを解説します。

 

続きを読む

会社を退職したい場合、いつ会社に伝えるのがベストか?

今年(2019年)は、10日間という非常に長いゴールデンウィークでした。毎年、ゴールデンウィーク明けや年末年始の休暇明けには、会社を退職したいと考える人が増えるようです。今、ちょうどゴールデンウィーク明けなので、退職をお考えの方もいるのではないでしょうか?そこで、今回は、退職したい場合に、いつ、会社に伝えればよいのかなどについて解説していきたいと思います。

 

続きを読む

あらためて、有給休暇の義務化について解説!

有給休暇

先月、4月1日(2019年)から始まった、有給休暇の義務化について改めて解説したいと思います。関与先等からのご質問を伺っていると、勘違いされている点や間違って理解されている点などが結構あります。そのあたりについても詳細に解説したいと思います。

 

続きを読む

派遣社員の2018年問題を詳細解説

前回は、労働契約法における2018年問題を解説しました。今回は、派遣法による2018年問題です。

派遣会社も一般の会社と同様に、前回ご説明した労働契約法の2018年問題の影響をうけますが、派遣会社はさらに、労働者派遣法による2018年問題の影響も受けることに注意しなければなりません。

いままで特定の業務(いわゆる政令26業務)に派遣として働いていた方は、派遣期間の制限がありませんでしたが、2015年の派遣法改正に伴い、すべての派遣労働者に対し、個人単位で派遣可能な期間は同じ企業同じ部署に対し「3年」とされました。つまり、これまで、ずっと同じ会社の同じ部署に何年も派遣労働者として働いてきた方についても2015年10月からは3年が上限とされることになりました。よって2015年10月から3年後の2018年9月いっぱいで3年を迎えることになり、これらの方は、派遣先で直接雇用してもらうか、派遣元で無期契約に切り替えてもらうかなどの選択となります。

今回は、これらについてもう少し詳しく解説していきたいと思います。

 

続きを読む