労務管理

感染防止での休業に休業手当は必要か?

さて、これを書いている現在(2020.2.26)新型コロナウイルスによる感染が日本国内でも広がり、終息の兆しも見えていません。今後、さらなる感染拡大が予想されます。
自社の従業員に感染者や感染が疑われる従業員が出た場合に、感染防止のため、会社として休業することを選択した場合、労働基準法に定める休業手当の支払いは必要になるのでしょうか?
厚生労働省のQ&Aを確認しつつ、解説をしたいと思います。

続きを読む

有給休暇義務化で迷う?ダブルトラック期間とは

有給休暇の5日間の取得義務化が始まって間もなく1年が経とうとしていますが、多くの会社が対応を済ませていることと思います。その中で、有給休暇の管理を簡略化する目的で、基準日制を採用した会社も多いようです。
そこで対応に迷うであろうダブルトラック期間について解説したいと思います。

続きを読む

諭旨退職、懲戒解雇、依願退職、諭旨解雇の違いとは?

ニュース等で不祥事を起こした労働者が「依願退職した」とか「懲戒解雇にあった」などと報道される場合が、ありますが、そもそも、依願退職、懲戒解雇、諭旨退職などの違いは非常に分かりにくいと思います。
そこで、今回は、それらの違いを解説したいと思います。

そもそも、諭旨退職や依願退職などは、法律上の規定があるわけではないので、明確な定義があるわけではありません。そのため、会社によって、微妙に使い方が異なる場合があるので注意が必要です。
ここでは、一般的な使い方でご紹介します。

続きを読む

パートから正社員になった場合、有給休暇の日数はどうなるか?

今回も顧問先からのご相談内容をご紹介します。
ご相談内容は次のようなものです。
「今度、パートから正社員になる従業員がいます。パートで約2年ほど勤務していました。正社員になった場合、有給休暇はまた一からカウントするのでしょうか?また、日数はどうなるのでしょうか?」
というものでした。
一般の方には意外と難しい内容かもしれません。事例をあげつつご説明したいと思います。

続きを読む

セブンの未払い残業代はなぜ起きたか?

さて、2019年12月、セブンイレブンがアルバイトに残業代の一部を支払っていないことが発覚し、ニュースになりました。
今回の未払い残業問題は、残業をしたのに残業代を支払っていないというよくあるパターンではなく、残業代の計算方法が間違っていたというものです。
残業代の計算は確かに間違えやすいのですが、大企業でもそんな計算間違いを起こすことに正直、驚きました。今回は、セブンイレブンがどのように間違いを起こしたかを解説したいと思います。

続きを読む

休職期間満了で復帰不可の場合、自然退職とするのは適法か?

多くの会社では、従業員の方が、病気やケガなどをし、仕事が出来なくなった場合、休職制度により、その従業員の方を休職扱いにしていると思います。
ただ、休職をいつまでも認めるのは会社としても新しい人を雇うこともできないため、期限を設けているのが普通です。
ではその期限が到来したとき(期間が満了したとき)に、その従業員はどのような扱いになるのでしょうか?
「当然、クビでしょう」と考える方も多いと思います。クビとはつまり「解雇」となるわですが、実はそうならない場合もあります。
今回はこのあたりを解説したいと思ます。

続きを読む

夜勤から日勤への連続勤務は違法か?

今回は、顧問先から頂いたご質問です。
「当社では日勤と夜勤がありまずが、夜勤を終えた後にすぐに日勤となるようなシフトを組んでも労働基準法に違反しないのでしょうか?」
というものです。
この場合、労働者の方は徹夜で働き、日勤の日の夕方まで帰れないことになります。一見、違法性があるように感じますがどうなのでしょうか?
解説していきたいと思います。

続きを読む

一度出した退職願(退職届)の撤回は可能か?

最近は、近年まれにみる人手不足の影響で、転職を考える方も多いようです。ただ、転職したからと言って必ずしも、次の条件が全て良いとは限りません。退職願(退職届)を出す際は、よく考えて提出する必要がありますが、退職願(退職届)を提出してから、実際に退職するまでは1ヶ月程度かかるのが一般的です。では、例えばその間に、転職先のあまり良くない情報が判明し、退職を撤回したいと考えた場合に、退職願等の撤回は可能なのでしょうか?今回はこのあたりを解説したいと思います。

続きを読む

副業でバイトするとすべての時間が残業扱い?

昔の会社は、就業規則で副業を禁止しているところが多かったです。なぜ禁止にするかというと、いろいろな理由がありますが、副業は本業が終わってから働くことになりますから、当然、夜間に働くことになり、場合によっては翌日の本業に支障が出ることも考えられます。そのため禁止にしている会社が多かったのです。しかし、昨今は、本業の賃金がなかなか上昇しない、残業も規制されるということもあり、副業を認める会社がかなり増えてきています。しかし、副業での賃金の支払い方には注意が必要となりますので、今回はこのあたりを解説したいと思います。

続きを読む

雇用契約書を交わさなくても違法にならないか?

雇用契約書を交わしている会社は多いとは思いますが、中小零細企業では、実は交わしていない会社も相当数あります。実際、私共はいろいろな会社の労務管理の実態を見ることがありますが、契約書がない会社は想像以上に多いです。では、雇用契約書を交わさなくても問題ないのでしょうか?
このあたりを解説したいと思います。

続きを読む