愛知での派遣業許可申請代行、派遣会社設立、派遣基本契約書・個別契約書の作成、事業報告をサポート

派遣元責任者の職務代行者について

  • HOME »
  • 派遣元責任者の職務代行者について

派遣元責任者の職務代行者について、ご質問が多いのでここであらためてまとめておきます。

7df36022a469e3b1c9cf83b310bbfd08_s派遣業の許可申請を行うためには、派遣元責任者の職務代行者は必ず用意しなければなりません。

派遣元責任者は、キャリアコンサルティングの担当者や製造業務専門派遣元責任者を兼務することはできますが、当然、職務代行者は兼務できませんので、派遣業の許可を取得するためには、最低2名の人員が必要になります。

職務代行者はになられる方は、派遣元責任者講習を受講する必要もありませんし、労務管理等の経験も必要ありませんが、その会社に専属で常勤の方である必要があります。小規模の会社で多いパターンは、代表取締役が派遣元責任者で他の役員(取締役)が職務代行者という形です。また、この職務代行者(取締役)も代表取締役の妻や親など親族がなられるパターンも多いです。ただ、この職務代行者になられる方が、他の会社でフルタイムで働いていたりすると、本来、職務代行者にはなれないので注意が必要です。

逆に、ある程度、規模の大きな会社の場合も職務代行者に関しては注意が必要です。例えば、派遣の事業所を名古屋市と豊橋市の2ヶ所に構えているような派遣会社だとします。この場合、当然、それぞれの事業所に派遣元責任者と職務代行者を置く必要がありますが、名古屋事業所の派遣元責任者の職務代行者に豊橋事業所所属の従業員の方をあてることはできません。「名古屋事業所所属なのか豊橋事業所所属なのか、労働局側では分からないのでは?」と思われる方も多いと思いますが、これは、労働局側で把握が可能なのです。というのも、派遣の事業所は必ずそれぞれで雇用保険の適用事業所の申請を行わなければなりません。つまり豊橋事業所で働く方(派遣労働者だけでなく派遣元のスタッフ等も)は、全員、豊橋事業所の雇用保険適用事業所番号で雇用保険の資格取得手続を行わなければなりません。雇用保険上、豊橋事業所の所属になっているのに、名古屋事業所の職務代行者として登録することはできないのです。人事異動が頻繁に行われているような会社だと、現状、名古屋事業所に勤務しているが、雇用保険上の所属は豊橋事業所のままというパターンは実際にありますので、その場合は、速やかに、雇用保険の「転勤届」を提出しておく必要があります(「転勤届」の存在自体をご存知ない方が多いようです)。

 

愛知県限定です(他府県からのお問い合わせはご遠慮ください) TEL 052-229-1900 受付時間 10:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

soudankai2

許可申請に必要な派遣労働者のキャリアアップに資する教育訓練計画の策定又は「派遣労働者のキャリア形成を念頭においた派遣先の提供のための事務手引・マニュアル」の作成にお悩みの方!是非、一度、ご相談ください!
また、現在、特定派遣事業を行っている方で今後の対応について苦慮されている方!許可替え・事業譲渡・売却も含めてアドバイスさせて頂きますので、ご相談ください!

県外からのお問い合わせが増えておりますが、「愛知県限定」で対応させていただいております。他府県からお問い合わせを頂いても、お応え出来ませんので、お問い合わせはご遠慮ください(愛知県以外の方は、管轄の都道府県労働局へお問い合わせください)。

営業日及び営業時間は以下のとおりとなっております。
土曜日、日曜日、祝日を除く平日の10:00~17:00
上記時間帯以外でのお問い合わせは、お手数ですが、下記のお問い合わせフォームをご利用ください(もちろん営業時間内のご利用も可能です)。
原則として2営業日以内に回答させて頂きます。

お問い合わせフォーム

 

PAGETOP